デジタル教科書の導入

ヤフーのニュースに次のようなものがあった。

コロナ禍で進む「GIGAスクール構想」 デジタル教科書への期待と懸念https://news.yahoo.co.jp/articles/88eaff3c8a0c045cb071866162b6b1be5e505ca4

この記事にもあるように、期待と懸念がある。

いろいろな情報にアクセスできるのはよい。分厚い辞書や辞典を持ち歩かないですむのはメリットだ。
しかし、一覧性に乏しく、本人の検索技術の巧拙によって欲しい情報にアクセスできるかが変わってくる。

また、教員がどれだけ熱心に取り組むのかの差も大きくなりそうだ。
一所懸命教材研究をして授業に反映させる人もいれば、やっつけで「とりあえずやってます」みたいな人もでるだろう。
そのあたりがどうなるのかも見物だ。

デジタルだろうと何だろうと道具に過ぎない。
上手に使いこなすかどうかは、本人の意識と、指導者の熱意に大きく左右されそうだ。
今後も注視しておきたい。

雑記

次の記事

梅雨明け